SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
自分と、自分の本と、向き合うコト
101230.jpg 昨日からコミケが始まりました。ああ、年末なんだなと感じます。皆様いかがお過ごしですか? コミケ、ご存じない方にご説明しますと、コミケとはコミックマーケットの略で、「同人誌即売会」というイベントの、日本、いやさ世界最大規模のものです。ビックサイトを全館、三日間貸しきって行われます。

 その同人誌という言葉は、多くの人が、ホント多くの解釈をしているように思います。たとえば「編集を通さない、個人のやりたいことが出来る本」「利益目的では出来ない、マニアックな本」というものや、「ひとのキャラをパクって儲けようとしている本」「素人の作った、未完成な本」「プロに慣れない人たちの、ごっこ本」などの蔑視したような見方もあったりします。

その公的な見解がどうであるとか、は、僕が偉そうに語っても微妙なのでやめときますが、僕自身のスタンスとしては、同人誌とは自分で責任を取る出版物であるという、表現方法としてはごくあたりまえのモノだと思っています(なので僕自身は二次創作はやんないです)。

 CDCはその同人誌を作るクラブです。本を作るにあたって、「責任を取れ!」というとちょっとびびっちゃうかもしれませんが、よーは自信を持って出して欲しいんです。自信をもってというのは、正しい絵を描け、社会倫理的に合致したことを描けと言ってるのではなく、「オレは、こんなふうになったら楽しいと思う!」「こんなシーン、素敵だと思う!」などの「僕はこう思うんだ」の部分に自信を持って欲しいというコトです。

 で、「僕はこう思う」これを明確に掴むには、やはり自分と向き合わないと出てこないと思うんですよね。自分と向き合う方法は、自分に質問を投げることじゃないかなと思います。「自分はどうしたいの?」「何故絵を描くの?」……答えが「好きだから」とかになっちゃって行き止まりを感じた時、どうやって次の質問を見つけられるかなどが、自分と向き合うコツじゃないかなと思います。「どうして好きなの?」「他に好きなものは何?」ナドナド。

 で、コレを一人じゃなく仲間とやれるのが、CDCでありたいんです。「オレはコレが好きだから、コレを描く」を見つけるために。僕の場合はその問答をずっと一人で行っていて、すごく遠回りしました。カッコつけて「人と人のなんちゃら」とか「友情のイミを」とか、偉そうなテーマを語ることで、軽くエセ作家キドリでした。結局、最後に解ったのは「そっか、オレ、可愛い女の子を描きたいんだ」でした。

 ――自分と向き合え、簡単に言いますが、簡単じゃないですよね。ダメな自分も、見たくない自分も居ます。でも、問題は誰かと比べてダメかどうかじゃなくって、自分の好きなものを知ってるかどうかの方がイロイロ重要なんじゃないかしら……なんても思います。誰かの言葉を借りて自分を飾るより、稚拙でも自分の言葉を探すほうがカッコイイかな、なんて。

 長くなりましたm(_ _)m 次の更新は年明け予定でございます。皆様の2011年が良い年になりますように……。CDCメンバーの2011年は特に良い年になるようにしときました。2011年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2010の活動最終日でした。
101225.jpg メリークリスマスです。皆様いかがお過ごしですか? 僕はクリスマスに用事がなくてもバイトのシフトは絶対入れなかった派ですが、だいたい店長から電話来て結局出勤させられる派でもあります。

 今夜のCDCはクリスマススペシャルで、クロッキーに魔法使いの方に来ていただきました。いつもは数分の短いクロッキーですが、たまには長いデッサンも面白いですね。ちょっと気を抜くとひらひらばっかり描こうとしている自分に気が付きます。僕の顔があまりヘラヘラしてたからでしょうか、マスタースパークを発動されてしまい、僕は教室の塵となって消えてしまいました。

 さて、年内のCDCの活動自体はこれで終了です。今日クドクドお話したように、来年はとにかく本つくりです。自分の思いを、考えを、作品にしていく方法を学んでいきましょう。僕が一生懸命バックアップします。大船にのったつもりで……いや、そんなに大きな船じゃないです、えっと、かといってスワンや手漕ぎボートってわけでもないと思うんです。そうですね、だいたい42フィートぐらいの底モノ漁船ぐらいだと考えていただければわかりやすいと思います。キールは短めなのでスピードは出ますし、魚探とGPSは最新式です。もちろんCIWSも標準装備です。
 
 さあ、出航の準備を。新しい年の夜明けは近いです。
年末変形です。
 年末ちかしです。皆様いかがお過ごしですか?年末と言えば大掃除です。先日、自分のパソコンに溜めこんだ画像なんかも整理していたら、なんと「佳子フォルダ」というフォルダを発見してしまいました。

 おおっ!なんだろう? ひょっとして皇室的なプリンセス様のナニカかしら……とちょっとわくわくしてあけてみたら、昔のお店の帳簿とか年度別の計算書がわんさか入っていました。多分「過去フォルダ」の誤変換です。そのままにしとく僕もそれなりにどうかとおもいますけど、そういう変換する僕のパソコンもどうなんだって感じです。だいたい、見つけてわくわくする時点でもう。

 わくわくといえば、今日からメンバーが一人復活されます。ようやく退院できましたそうです! CDCの創始メンバーでもあるので、これは僕にとっても嬉しい限りでございます。またいっしょにやりましょうね!

 そしてCDC情報ですが、先日より部室がトランスフォーメーションに入りました。強攻型です。現在、ダイダロスアタックさえ可能な状態です。ワケ解りませんが、これで同時に入室できる人の数が増えました。CDCでは人との会話やコミュニケーションが面白さの一つでもありますので、なるべく同時に多くの人が入室できた方が楽しいかなと思った次第でございます。でも、個人スペースが狭くなった訳ではないのでご安心下さい。

 じつはCDCの部室はまだ、現在より上位の変形形態を残しております。関係者の方々はどうぞ楽しみにお待ち下さい。また今夜口頭でもおつたえしますが、今年最後のCDC活動は25(土)です。27(月)は大掃除しますので来れる人は来て下さい。年明けは初回活動日は8(土)です。
例の写真はすみません。手に入りませんでした(T_T) ごめんなさい。
 外は寒くても、陽のあたるところは、心地よかったりする昨今ですが、皆様いかがお過ごしですか。こないだの夜、眠りかけの状態でTVをつけっぱなしなことに気が付いて、手を動かすと目が覚めてしまいそうだったので念力で消そうとしたところ、自分が催眠術にかかってしまいました。

 さて、いろんなニュースなんかでも言ってますが、今年も残すところあとわずかです。ミレニアムだの2000年問題だのって騒いでいたのがもう10年前のことのようです(←ほぼ正解じゃないの)。年末と言えば、紅白にガキ使にと家族団らんの象徴ですが、聖地ではコミックマーケットが開催されます。何のたたりか、僕個人は夏冬連続で落ちました。それも書類不備じゃなく!あああっ!なんでじゃあああああ!そんなに俺が嫌いかあああ!!ってすみませんわけの解らないことを言って取り乱しました。m(_ _)m

 CDCが参加するコミティアも、そのコミケもそうですが、年々サークル、一般を含め参加者が増えているそうです。これはまさしくお絵描きブームが広がっているといっても過言ではないかもしれませんが、反面、現実世界に魅力を感じられなくなり始めているのかなぁなどと余計な心配をして寂しく思ったりもします。

 昨日のCDCでは、まほうびん(←PN)が、資料としてバイクの雑誌を持ってきました。僕が高校のとき毎週買っていた雑誌で、今も変わらないスタイルで出版されているのが嬉しかったです。毎晩「金たまったら何買おうかな~」とかニヤニヤして雑誌を眺めていたのを思い出しました。当時普通に680円とかの時給でしたけど、バイクマンガに登場する主人公に自分をなぞらえて妄想してたりしたもんです。

 現実世界がつまらないから空想世界に逃げるのだとしても、その空想世界に憧れたものを現実に具現化しようとするのですから、お絵描きブームだのオタク文化だのって言っても全然ネガティブでもないのかもしれません。お台場のガンダムだってそうですよね。じゃあ、コミケバンザ-イ!同人誌サイコー!?いやいや、それとも違ってですね、ああいったものはすこし日陰で活動する面白さみたいなものもありまして……(以下長いので省略します)

「教えない作戦」とはッ!?
 はい、お花見展のCDC展示の写真ですね。コメントありがとうございました。ご希望にお応えしたいのは山々でございますが……「CDCの展示全体の写真」を、愚かな坂井は取っておりませんでした……m(_ _)m 申し訳ございません。ニャンコさんのカメラに入っていれば、掲示させて頂きますね。一応は、前々回の「ゾーケーエクスプレス」ポスターと、Federationの表紙ポスター、ソレと部誌の原画展です。新作は、くさのはさんの書下ろしのペン画でございます。

 いよいよ12月です。皆様いかがお過ごしですか。おかげさまでCDCの活動の方もにぎやかになり、当初やろうとしていた「漫研っぽい」感じになってきております。ご本人の許可が得られれば今度掲載させて頂きたいのですが、「楽しさからの上達」がもたらす進歩のすさまじさは、やっぱりハンパじゃないすよ。たった数週間前と別人状態の画力に、こっちがうろたえて驚いています。自分で自分のトコを褒めている感じでイタイですけど、「教えない」作戦がうまく行ってるのかなぁなんて思ったりもしてしまいます。

 それとですね、その「教えない作戦」ナンですけど、CDCは当初「社会人へ向けて」の発信で、「あなた達はもう描けるんだから、横からあーだこーだ文句言わないよ」という意味がこめられていたのですが、初心者の方や、若い(学生さんなど)体験希望者さんの保護者さんのかたから「教えてもらえないんですか?」という質問を、お話の際にだいたい頂いております……ええ、そりゃ、そーなりますよね。

 ここに関して、現在HPをすこしいじろうと思っています。例えばですね、会員さんが「手の描き方がわかりません」という質問に対して「教えません」と答えるということではもちろんないです。だいたい「僕はこう描いています」という作例を一枚その場で描くようにしています。それと、現役のプロ作家さんの参考資料や、技法書のやり方等をお見せして、これや、こういうやり方もあります(そのうちに隣の会員さんからも「オレこうやって描いてるよ~」的な発言があったり)、あなたが好きなのはどれですか?という対応をしています。「好きなものだから描く」ことで、エンジン全開になってもらおうというたくらみです。(作例の絵柄が好みじゃなかったら、作例だけ描いて「こうやって描くんだよ」と言ったって、聞きゃあしないもんです……少なくとも僕が生徒の立場なら)

 このあたりの「絶対コレが正しいんだ」という言い方をしないというのが「教えない」という事だったのですが、保護者の方にしてみれば、ここを心配されるのも当然だなぁと思いましたです。好きになる前にデッサンとかの修行をさせようとすると、絵がつまらなくなっちゃうかな~ということなんです。それを乗り切ろうとして、イメージ無しの方程式だけで絵を描こうとし始めるのが、いちばん怖いような気がします。

 好きになってからなら、退屈な修行デッサンだって楽しくなるかもしれません。だから「コレが正解」は、絵画クラスの基礎デッサンとかで、やりたくなったらやればいいのかな~(やりたくならなかったらずっと漫画描いてたっていいんじゃないかしらなんて)というのがCDCの方針なんです