SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
新たなる名を
110731.jpg いろいろあわただしい我らがニッポンですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。CDC担当の坂井です。

 浦和造形では、いよいよ今日から子ども造形部門のサマーセミナーが始まります。僕が開会ソングを担当しようかと思ったのですが、選曲を「マイ・レボリューション」と「宇宙の王者!ゴッドマーズ」のどっちにしようか迷ってたらうっかり始まってしまいました。多

 今日のイラストは爆☆さんの杏子ちゃんですが、僕はどうしても爆☆さんの絵に弱くって、台詞読む前に既にヘラヘラしてしまいます。

 ネームを拝見させていただいている際、みなさんは作業してるので、うるさくしてはいけないとなるべく声を殺して笑った結果があのキモ笑いです。すみません。理屈では説明できない面白さとか萌えとか描ける人ってほんとうにすごいなって思います。

 さて、昨夜は重大な会議がありました。コミティア参加名の「CDC浦和」の変更です。これは、スタッフ側がつけた便宜的な名前なので、本来の活動趣旨である「皆さんが主役」に立ち返り、一周年を迎える次のコミティアでは皆さんで好きなサークル名をつけて頂きたいとの提案です。


で。決まったのが。




 サークル110731s.jpg




 ……いいんですかいいんですね。フォントもご指定のものです。ルビと漢字が既に矛盾していますけど、皆さんが宜しければ、私は良いですよ。発声するときの読みはどっちになるんでしょう。

 そのコミティアですが、サークルカットに個人誌のほうのおしながきも載せますので、タイトルはもし決まってなかったらいいですけど、方向性だけは今ので行きましょうね。一般参加の方はこれ見て来てくださるので、あまりウソは書きたくないでしょ。

 でも、昨日みたいに、グダグダ訳のわからんこと話しているわりには手が動いているって状況、僕にとってはとても居心地が良くって、これこそまさにCDCの活動目的のひとつです。とにかく私たちは、本を作って、場数を踏んでこそのクラブです。実績を残して、一緒に成長してまいりましょう。
魔法少女 エイシャル・パンキッシュ!
110724.jpg おはようございます。ここ数日は過ごしやすい日々でしたね。皆様いかがお過ごしですか?CDC担当の坂井です。略してC担のサです。

今日でアナログ放送おわりなんだそうですよ。もっと大騒ぎになるかと思ったら、思ったよりまったりですよね……?って、自分がTVを見てないだけかもしれませんが。ふしぎ発見だけはばっちり録画しております。アタックチャンス。

今日のイラストは、僕の4コマのキャラど~しよう~って言ってたら、酒楽さんに授けていただいたキャラです。線画も酒楽さんです。名前はエイシャルっていいます。色指定は僕のイメージです。

でもエイシャルの本名は面地勝子(メンチカツコ)だそうです。まさかの28歳設定です。ああ、そこはかとなく不憫です。設定ももういろいろぶっ飛んでますが、そこがロックです。かわいそうな勝子(28)。

さてさて、昨夜のレポーツです。昨夜の大仕事はとにかく、1っ週目のネームのを終らせることでした。僕は、漫画の「難しさ」のいっとうはここにあると思っています。お話しを作ることも、絵を描くことも、自己流でもどうにかなってしまうと思います。でもこの、それらの思い付きを「漫画にする」、そして場合によっては「商品にする」というところが、いちばん難しいのではないかと。

いろいろなやり方があると思うのですが、昨夜はネームをもう一度あらすじ化してみるということをやって見ました。あらすじを読んでつまんないものは、お話としてはつまんないということです。でも、漫画や動画は、お話としてつまんなくても、ビジュアルで押し切れちゃうトコありますが、せっかくなんで、基本的なお話は作れる骨太の作家さんになっていただきたいなと。

で、ああ、つまんなかったね、ってなってしまったとします。じゃあ、何がつまんないのか。これ、個人でやるとなかなか解らないのですが、ここが、仲間がいる良さです。客観的に見て「もっとこうなればいいのに」というところが面白さのタネだと思います。

このタネをいじったり、吸収したりして、ほんとうのネームにはいります。次のネームは、一週目の半分以下の時間で終らせられるし、前のめり感というか、自分の中でイケイケ感が倍増します。

今年の秋コミティアは10月になってしまいましたので、印刷入稿を考えると、正直、あと2ヶ月チョイなんですよ。さささ、エンジンかけて参りましょう。
少女に何が起こったか
110717.jpgお暑うございます。きちんと水分補給されていますか?健康管理には充分お気をつけ下さい。

 最近、朝からカツどんとかがちょっとキツクなってきましたCDC担当の坂井です。なんか負けた気分です。

←の写真は

爺:「お、お嬢様、おやめ下さい!その像は旦那様が異国で手に入れた呪われた像……」

お嬢様:「爺。いいの、私は新しい力を手に入れたいの」

爺:「おやめ下さい!おやめくだッ!わー!」

(挿入歌:Cha-La Head-Cha-La)

予告:「なんと、スーパーサイヤ人と化してしまったお嬢様!同時に消えた呪われた像!南アルプスに咲くは恋の花!?次回、マジギレ爺やの極うまデミグラス!」

 のくだりで登場する像です。この後、爆進☆王さんに握りつぶされます。わが生涯にいっぺんの悔いなし。

 さて、謎のツカミはこのくらいにしまして。そうそう、ここの記事は、日曜更新ということもあって、主に土曜活動のレポートが多いです。しかし、金曜活動も静かに燃えています。いわゆる「大人のCDC」です。「大人の」って書くとなんか路地裏の小屋でこっそり活動してそうですが、そうではありません。

 金曜活動は土曜活動に比べて、ちょっとマジメです。大人になってから絵を始める方は、「さぁ描いて見ましょう~!」っていったって、やはり戸惑ってしまったりするものです。なので、金曜活動では「キャラっぽい絵を描く」という最初の第一歩からからコンセツ丁寧にお送りしております。今のところ金曜活動の方のほうがまだ少ない人数なので、迷ってる方は是非このチャンスどうぞ(宣伝)。ユーガッタチャンス(吉川)。

 昨夜レポです。部誌の4コマを進めていただいています。昨夜もお伝えしましたが、4コマとかだと、ネタをダイレクトに考えるより、キャラたちの日常を考えてた方がネタがでやすいですよ。みなさんボチボチ作画にも入れて、楽しい時期がやってきそうです。
 やまねちゃんは初挑戦のストーリーマンガで、初稿のネームが既に良く、展開が楽しみです。ストーリーモノはいかに読み手を、いろんな意味で不安にさせるかがキモなんですが、ナチュラルにそれを出来てしまうのは真のエンターティナーなのかもしれません。また、CDCの核弾頭、Tomさんがちょっと忙しくてお顔を出せないのが痛いですが、落ち着きましたら是非またお顔を出してくださいね!

 ムダ話です。8月はコミケという祭典がありますが、僕もプライベートで参加します。その仲間とよく話すのですが「あとがきが 長いヤツほど なか微妙」という内輪ウケ川柳があります。でも、これ、実際に当たっているような気がして、絵や中身が上手い人って、ホントにあとがきもあっさりなんですよ。そういう人のあとがきこそもっと読みたいのに。

 で、「それってブログにも言えるよなー」って話してて。いやー、思わずみんな黙りましたね。長いヤツラばっかりですから。アタクシも含めて。で、

「クリリンのことかーーーーーー!」

って言ってみたら、さらに冷えちゃいましたね。エアコンの設定は28度くらいが宜しいのかも。

Little Darlin'
110710s.jpgいよいよ梅雨明け、夏本番ですね。皆様いかがお過ごしですか。夏の本番ということは、夏のリハとか、夏の台本読みあわせとかはもう終了しているということです。

昨日レポです。みなさま、ようやく部誌のイメージが見えてこられたようで、ぼちぼちネームも上がってきています。バクシンオーさんの4コマがかなりロックしてて、最近ありがちな萌え4コマには無いアツいビートを刻んでいます。アレはイカしてます。Rock'n'roll is here to stay。

回覧板イラストは、やまねちゃんのアンダルシア嬢(仮名)でした。やまねキャラはなかなかどうして、うまく似せるのが難しいです。あの、大人っぽい童顔をどうやって描きゃいいんだ。そしてこの彼女の本編がまた、骨太の物語です。初ネームでコレだけできるんだぁ……ジーマークリビツです(まじびっくりです←注釈入れるなら最初から書いたらいかが?)。僕は作品を出すとき、やたらこねくり回して必死の思いで吐き出してるのに。みんなサクッと……しかも上手だなぁ。これが若さのキラメキってやつかなぁ。わかさ生活。ピッコロさぁーん(何)。

A8が反抗期です。僕のお話を聞いてくれません。悲しいです。でも、反抗期はだれにでもあるものなので、今は反撃を受けない距離から、チクチクと棒で突付いてようと思います。CDCは基本的に指導が主な活動ではないのですが、昨夜はA8さんはCGだったので。CGは少しのテクを知っているか否かで激変が可能です。

なので、過去に僕が苦しんだところをお伝えしようとしたのですが、今ある自分のやり方を変えられるのは誰しも甘んじて受けられるものではありません。お腹いっぱいの時に「これおいしいから食べなよ」って言われたって、美味しく感じるのは難しいものです。

欲求なき学習は身につきません。またお腹がすいた時がくれば、いつでもお答えします。解らないことでも、過去に聞いた同じことでも、何度でも何度でもお答えをしますので、全然だいぼうじです(大丈夫です)。ストーリー製作と同じで、あらかじめ綿密に配置された出来事をトレースするのではなく、キャラクターの歩いた道こそがストーリーです。

人の道とかいて、人生。道じゃ無いじゃん。ロックンロールとはつまり、そういうことなんです。話デカくなりましたが、何の話でしたっけ。そうそう、今日は10時半から人気の水彩画講座です。Don’miss it。

文化isカルチャー
110703.jpg 蒸し暑い日が続きますね。皆様いかがお過ごしですか?CDC担当の坂井です。

 「ムヒ暑い」という誤変換から、例の虫刺されに良く効く塗り薬はネーミングされた、っていうトリビアはご存知ですか?僕が今考えたんで、皆様ご存じないかもです。

 白板がイラストボードになってしまうのは、たぶん、何処の教室でも同じだと思います。今日の写真はそんなありふれた日常です。あと、坂井の好みタイプ当てとかやめて下さい。正解率高すぎです。

 さて、昨夜レポです。昨夜はとても賑わった夜でして、あれココは竹下通り?それともコミケ帰りのりんかい線ホーム?といわんばかりの参加者さんでしたすみません、ちょっと盛りました。普通に着席できる状態でした。
 でも、やはりカリキュラムレッスンではないので、人数が増えるとどうしても、私とみなさん、というやり取りの時間は変わってきてしまいます。僕は、みなさんの欲求にきちんと応えられていればよいのですが。いざとなったら、細胞分裂に挑戦してみますとも。ミトコンドリア。

 個人誌をやる人は、今ネームの段階なので、早く絵を描きたい欲求が抑制されてしまいます。絵を描くことが好きな人にとってこれは辛い時間かもしれません。でも、ネームはただのカット整理ではなく「演出」や「構図」という絵的な要素も含まれてくるので、考え方としては絵を描くのと共通します。
 物事を計画する時など「その件について、絵をかいて見る(=全体的な計画を考えてみるって意味ね)」って言うこともありますし、ココはひとつ、せっかくなので、計画を企てるほうの「絵をかく」についても覚えちゃってください。

 それと原稿も拝見させていただきました。ふつーに商業誌レベルオーバーの作品に、アタクシがなにを言えば良いとおっしゃるですか。でも、完成原稿っていいすよね。キャラを通して、描き手の思いなどが伝わってきて、人同士の、通常の言葉では出来ないコミュニケーションを取れる気がします。良い作品で、最初の読み手になれて嬉しかったです。

 あ、酒楽さんのヒーロー論文、届きました。文体がこなれてて、驚くほど読みやすいのには驚きました。いま、二回驚いたことになります。何故ヒーローは仮面をするか、ヒーローという存在についての研究論文なのですが、とてもわかりやすく、上手にまとまっています。みなさんもまた次回、酒楽さんに聞いてみて下さい。

 最後に、酒楽さんの論文を拝見して、思い出した話をさせてください。ちょっとカッコイイんです。私が以前、ライフガードをやっていた頃のお話なんですが、その夏は事故がほとんどなかったんです。でもそういう夏は利用者の方から「お前らライフガードなんかイラネ。好きに泳がせろよ」って声が必ず上がるんです。僕は悔しくて、当時の先輩に愚痴ったんです。したらその先輩が「俺たちがヒマな状況こそがいちばん良いんだよ。悲しい事故がないんだから」って言われて、ハッとしました。その先輩は僕にとってのヒーローだったんで、そのカッコよさに震えました。

 もちろん、自分に後輩が出来てからは、鼻高々でその台詞を吐くようになるのですが。得意満面です。文化とは、受け継がれてこそ文化です。みなさんも、ここで覚えたこと、上手くいったこと、必要としている人がいたら伝えてあげてね。