SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
激しい風が今 心に舞う
(写真はノチホド……また撮影忘れました o-----rz クビ長め)

 いろいろなお店でクリスマスソングが聞こえる頃です。皆様いかがお過ごしでしょうか。CDC担当の坂井です。この、どうなんでしょうね、我らが日本のフライング気味いけいけクリスマス感。なにもない日常の必要性を訴えたい今日この頃です。

 では、昨夜放送の「嵐にしやがれ」の件です。え?。
 いや、ちょっとお聞き下さい。クリエイターとしての面白いお話があったんです。この番組はジャニーズの嵐の方たちがさまざまなゲストを迎えていろんなオハナシをするのですが、昨夜はTheアルフィーというオッサン世代にはグッと来るバンドがゲストでした。

 今は、実力も実績もある彼らですが、売れない時代は、ストリートなどでモノマネをやってたそうです。モノマネ演奏でお客さんを振り向かせて、興味をひきつけといて、オリジナルを演奏する。それで自分たちの楽曲のカセット(今ならCD)を買ってもらう。と。

 そうです。同人における創作と二次創作の関係によく似ております。僕は、二次創作(パロディのことね)はほとんどやらずにいました。人には、「人のマネをするのが嫌だったのさ」、と言ってますが、多分自分の作品以外に興味なかったからだと思います。うわ。

 二次創作をやった方がいいよ、と言う意味ではなく。サッカーをやるか、野球をやるかというような違いです。どっちが正しいわけではありません。CDCでは、そのどちらの方向性も支持します。お金になったほうがエライ、と思ってしまうのはアメリカ型資本主義思想に毒されています。「人気作家で、年収1000万!」と、「趣味でマイナージャンル描き続けて、ほぼニート。でも年末ジャンボで3億ゲッツの大逆転」 お金で計れば後者が勝ちになっちゃいます。

 人生に計るべき価値があるとするのならば、何を得ることができたかではなく、何を与えることができたかではないかと、僕は、思います。次回、CDC人生を考える会は「諸行無常」。お見逃しなく。

 ……なにそのインチキ宗教的な。アルフィーの話どこ行った。ベイビカムバック。
スポンサーサイト
お尋ねします
111120.jpg 雨の週末が続いています。皆様いかがお過ごしでしょうか。こんにちわ、CDC担当のダニエルパウターです(誰なんだろう)。

 最近、ブログ用の写真を撮り忘れてくることが多く、この写真は先日のコミティアの時に撮った、友達の友達の写真です。無機物ですが、友達です。

 昨夜は、パネル製作の続きでした。パネルいっぱいに堂々イラストを描ける場所って、案外無いモノで、結構楽しいんじゃないかしら。と。僕も一緒に楽しんでいます。だからその写真のせりゃいいのに。まんまと。

 さて、11月も中盤です。11月は古い言葉で言うと神楽月。神様が遊んでるみたいなイメージです。もう中盤なので、宴もいよいよクライマックスの頃でしょう。

 そのお力なのか、先週はいろいろ懐かしかったり珍しかったりする人にたくさん会う事が出来ました。物が豊かになることで、人と人との繋がりは希薄になっていきがちですが、こういうのは大切にしていきたいなぁと。結局、人が最後に求めるものは人ではないかと思います。

 そうそう、求めるものといえば。金曜活動でこんな話に。では第一問(ぇ)。

「あなたが望むもの(こと)を、3つだけ言ってください。あなたは何を望みますか?」

では、はい、書きなさーい。面白ゼミナールか。(←大人向けギャグ)
考えましたか?

そしたら、はい、それ、叶えてあげます。はい、叶いました。おめでとうございます。やりましたね。あなたは今、望んだ3つを全て手に入れています。

そこで第二問です。

「あなたは3つの望みが全て叶いました。さて、この状態で、さらにあなたが望むものは?」

はい、書きなさーい。面白ゼ(略)
じつは、この第二問めこそが、あなたの本当に欲しいものである可能性が高いのです。

 ちなみに僕の回答、第一問は「広い部屋、大きな机、オートバイ」で、第二問が「創作を続けたい」でした。うわあなんと地味な。こんなことならルカとデートしたいとか言っとけば良かった。そして、あれ、「ヒトとの繋がり」の伏線は? そんなもんですかそうですか。

 あなたのハートには何が残りましたか?パネルあと2回ぐらいでメドです。頑張りましょう!
表現を見つめなおすパネル製作
111113s.jpg

 寒くなったり、ちょっと暑い感じもしたりと、体調管理が難しい昨今ですが、皆様いかがお過ごしですか?CDC担当の坂井です。

 寝る直前にどうしても何か食べたくなること、ありませんか? 僕はそういう時、うどん半玉ぐらい食べたりするのです。寝しなにがっつり食べるのはよろしくないかなと思いまして(それでも半玉食うのか)。

 しかし、これが習慣化してくると、ノーマルうどんでは寂しいかなと思うようになるのは人の常です。ねぎ買って帰ってみたり、わかめ入れてみたり、ついには売れ残って割引のかきあげを購入、さらに卵を落とすというがっつり感。昨日はおいなりさえ買って帰りましたとも。ビバ富士そばマイホーム。でぶまっしぐら。

 そんなことはどうでもよくって、昨夜のCDC情報です。ただいまは展示用のイラストパネル製作です。机を離れて、イーゼルに。こういう製作も良いなと思います。グダグダしゃべりながら色を置いていくのは、紙に細かい絵を描く時よりも、脳が楽な状態で作業できます。

 絵画教室に来る人のなかには、絵に対してよい意味でまじめな方もいらっしゃると思います。デッサンやらパースやらという言葉がでてくると、どうしても「こうあらねばならない」、というシバリの中で絵を描かかなければいけない気がしてしまったり。

 美術学校に入るためにはそういうのって必要なんでしょうけど、うちらの絵は表現の一つでありますから、そういうシバリみたいなものの強制力はそれほど無いような気がします。

 でわ、「表現」とは何か、ってことです。手元の日本文芸社のハンディ辞書には「感情・思想を作品などに表すこと」、と。「空間理論に合致した投影図を製作すること」ではないのです。自分の絵が、空間理論的に破綻していたとして、それをもって自分の表現の障害となりえないなら、なんら問題は無いのではと。

 自分の表現を行うためにさまざまな技法が必要なってきた時、そこで初めて使えば良い訳で。表現無くして技法あらず。 乾いた魂からスィートエモーションは生まれない! スィートエモーションって何!? 相川七瀬って誰! 


 うどんのくだりイラナイじゃん。
リンゴ→ゴトク→東京ガス
111106.jpg 先日のコミティアに参加のメンバー、及びご参加いただきました方がた、お疲れ様でした。沢山のアマチュア&プロ作家さんたちの作品に、いい刺激をたくさんもらってこれていたらヨイナと思います。次回もまた頑張りましょう。

 昨夜は霧雨に煙る夜でした。ここんとこ毎週末雨じゃないすか?でも僕、じつわ雨の日好きです。根本的には根暗なんだと思います。なんか雨の日は、いろいろ集中しやすくないすか?

 昨夜はそんな、とっても集中にヨイ夜だったのですが、何故か謎の恋花に。A8さんの超電磁スピントークを伺いながら、そういえば僕も昔、早瀬美沙という女性に恋したっけなと、懐かしく思い出していました。愛、おぼえいていました。

 そんなことはどうでもよくって。さて。次はすぐにお花見展です。でかパネルです。キャッホウ。どうしても、コミティアと浦和造形イベントが連続コンボになってしまいますが、どうにかこうにか乗り切ってください。

 えっと、で、ようやくそのリンゴですけど、パッと見、あれ、ガンバって描いたのかな?ってみえても(見えない?そうですかフン)、このリンゴ、さっきざっくり描いて1/2サイズに縮小しただけです(「リンゴ」でググった写真見ながら描いてます)つまり、今回のパネルみたいに大きな板に近づいて描くと、どうしても細部が気になってしまいますが、細部なんか結構テキトーでいいのよ、と。大きい絵描く時は、そんなもんらしいです。普通に離れて見る位置でそれっぽく見えれば、それでいいんジャマイカと。

 てか、アクリル楽しいでしょ。今回みたいなパネルでも紙でも汎用性の高い画材ですし、コピックそろえることに比べればはるかに激安です。持ってても損は無いと思います。絵画クラスと併用している方は、絵画のほうでも詳しい使い方を教えてもらえますけん。



↓こんなもんよ。上手い人が描けば、細部ももっと上手いんだろうケドさー。
111106b.jpg
コミティア98参加レポーツです。
111101.jpg


 一日の気温差が大きいということで、ちょっと厚手のジャケットを選んだのですが、僕のベルスイスはジャマになってしまいました。あ、ベルサーチって読むのか(虚勢)。待ち合わせで、バクシンオーさんが木々の間を走ってくるのを見た時には、往年の勇姿を彷彿としてしまいました。さすがスプリンター。

 朝設営はA8さんメインでお願いしたのですが、さすがに3回目、なれたものです。ぐだぐだ意味不明の言語をノベてるのは変わりないのですが、手は止まらないのできちんと準備が出来ました。このイベントの空気って、ほんと独特で。何回行っても新鮮な気持ちになります。以前お隣になったサークルさんとかも居て、ご挨拶にも行ってまいりました。

 滞りなく、開場。じわじわ増えてくる参加者にドキドキしながら、張り切って売り子しました。今回の部誌はまさかの108ページ。さすがに100P超えると厚い。カドで攻撃すると笑えないくらいの痛さです。スペースに来て下さった方、本を手にとって下さった方、ありがとうございました。武器にはしないで下さいね。

 やはり、5月と比べると、人は少ないかなってカンジしました。でも、今回はオープンカレッジが賑やかで、来年高校卒業らしき方もちらほら。体験講座や、トークしょーで盛り上がってました。コピック実演がよかったスCGとは手順が逆になるのね。

 順番で売り子をしつつ、初めての方には僕が開場をご案内しつつの衝動買いもしつつです。今回は完売とは行かなかったので、残は郵送です。ダンボールでクロネコヤマトへ。1冊でも結構な重さの部誌が何冊も残ると、さすがにコタえます。からだも、そしてココロも。でも、もともとさいたま会館での配布分があるから、いいんだもん。残って良いんだもん。

 部誌のほう、ゲスト参加してくださいました方ありがとうございました。原稿返還の際に、部誌をお渡しします。担当の講師から受け取ってください。ということで、次回は5月です。5月はコミティア100回記念。しかも東。ホーム(なんのだ)。気合入れてまいりましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。