SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
走れポテト
120226.jpg


 今年の冬は寒かったですね。まだ終わっていませんが。皆様ご機嫌如何ですか、CDC担当の坂井です。原稿締め切りまでCDCはあと8回です。知ってました?僕は知らなかったです(おい)。

 あっと、忘れないうちに書いておきますね。例の放送は、3/15だそうです(11:30、15:00、20:00の3回のチャンス) Jcomチャンネル「埼京伝説」の中でのコーナーです。正直、自分は恐ろしくて、見れないです。やらかしてます。かなり。また、近づいたらきちんと書いておきます。

 さて、昨夜の「線画」についてのお話です。線で表現するマンガは、線がイノキです元気ですかー。イノチです。キーボード変えたらまあこのうちにくいこと。そうでなくって。線での表現である以上、線の表情はそのまま作家性を左右するほどのファクターです。まさにMAXファクター。

 CDCではアナログ作画でやる人が多いので、「ペンいれ」という作業が必要になってきますが、必ずしもGペンなどのツケペンを使わなければいけないということはなく、別にボールペンでも、サインペンでも。いまはシャーペンでさえスキャンで拾えますから。

 ただ、前述のように、線は画風をガラリと変えてしまいます。デッサン的にキレイでも、強弱のない単調なボールペンの線では、なにか図形のような絵になってしまったりと(そういう画風もアリですけど)。ツケペンは、強弱、入り抜きが豊かに表現できるので、多くの作家さんに好まれています。

 上手な絵を透かしてトレスしても、なんかうまくかけないのはそのせいです。線の使い方が全く違うからです。このあたりの線の表情を理解できなければ、ツケペンはただの使いづらいペンというイメージしか無いでショウガ。ジンジャー。

 で、下書きと清書について。今日のイラストのポテト君は、ツケペンで描かれていますが、インクが古く、伸びなくなっている状態でむりくり描いてます。線がガサツです。下書きは青鉛筆です。青はスキャンのときに飛ばせます。消しゴムかけなくて良いのでラクですが、正直、青は慣れないと下書きかなり狂います。

実際の方法としては。ペン入れする場合はこんなパターンがあると思います。

①原稿用紙に鉛筆で下書き、同原稿にペン入れ、消しゴム。 
②コピー紙などに黒で下書き、トレスボックスで透かせて原稿に清書。 
③原稿用紙に青で下書き、同原稿にペン入れ。
④コピー紙などに下書き、PCでペン入れ。

など。自分のやりやすいやり方で。最終的にシャーペン線であげる場合には普通に描いていけばいいですが、完成した原稿の薄い部分の線は、二割ぐらいは飛ぶと思ってください。芯は最低でも2B以上を。

解らないことがあったら、お気軽にどうぞ!僕も解らなかったら解らないって言いますけど!フンッ!(何故いばる?)。
スポンサーサイト
でゅくし
120218_m.jpg


 すこしづつ日が長くなってきましたね。このままだと、日がカステラみたくなるのも時間の問題ですねって物理的に長くなってるわけじゃなーい!ビバ・シンガポール(意味不の見本)! 皆様如何お過ごしですか。CDC担当の坂井です。

実は日曜日に、ちょっとした番組撮影がありまして。ご協力くださいました皆様ありがとうございました。NGばかり出してすみませんでした。翌日ぐったりで、ブログ更新がとどこおりました。いよいよCDCがメジャーデビューということになりますが、しかしすでにワールドワイドウェブにデビューしていることも忘れてはなりません。放送日などそこらへんの詳しい情報はまた後日に。

 今日のイラストは久々の回覧板マンガですが、なんか初めてキレイにオチた気がします。ピストルが相棒というオチで、最後にはテレポーテーションします。落とし穴オチではありません。

 CDC近況です。部誌が熱いです。そして厚くなりそうです。がんがん厚くなってかまいません。とにかく、経験をつみましょう。CDCでは折にふれて、お話の作り方とか、作画の仕方とかいろいろお話をしますが、結局、理論は経験にかないません。100の理論は、1の経験に、楽勝で負けます(日本語が矛盾してますが)。

 ということであたって砕けてまいりましょう。
耕す種まき水やり就活
120212.jpg

 2週間ぶりのごぶさたです。皆様いかがお過ごしですか、CDC担当の坂井です。先週はきっちり一週間、風邪でダウンしておりました。インフルかな~とも思ったのですがパブロンで治ったのでちがかったのかもです。心配してくださった新垣結衣さん他の皆様、ありがとうございました(堂々嘘をついてはいけません)

 今週は金、土、ともに、予備校というか、教室スタイルで進行してみました。ぼちぼち原稿モードに入っていただきたいというのもあるのですが、一応ここもマンガイラスト教室的な場所なのよ、という演出をしてみた次第です。
 ぶっちゃけてしまうと、僕は家でも原稿作業をやるので、みんなと居る時はずっとおしゃべりしていたい(みなさんとの会話はネタの宝庫です)ぐらいの勢いなんですけど、教室が「おしゃべりの合間に原稿」ということになってしまうと本末転倒七転びヤ起きになってしまいます。 なので、「原稿の合間におしゃべり」、基本は製作作業の現場であることを主軸に置いていきたく。アイディアが、ガーッと沸いてきておしゃべりしたくないときはしなくてもいい状況を作っておくべきかなと。

 その流れで、昨夜はいろいろ偉そうに語りましたひとつに、ネームを切る(=作る)前に、ネームのためのネーム、みたいなワンクッションを置くと全体が整理しやすくなりますよ、話です。僕はデジタル作画出身なので、かなり書き込んだネームにしても、コマ単位で拡大縮小、切り貼りしたり、全体を半ページスライドとかが容易に出来るので、こういうワンクッションを置くことはあまりなかったのですが、本来は絶対にあったほうがいいプロセスだと思います。

 こういった手間ヒマのかかるアナログ作業には、最大のメリットがあります。それは、まだそこに見えないものを頭の中で組み立てて吐き出す(消しゴムがめんどくさいからかなりきちんと考えるようになる)癖がつくので、製作者にとって最も重要な創造脳にアクセスする機会が増えることです。

 創造脳はどんどん耕しましょう。前も言いましたが、製作者の絶対的な実力差は、この創造脳だと僕は思います。目に見えないものを、組み立てる力。デジタルの力を使って、目の前に見えるものを並べ替えたりいじったりするのは楽だし、楽しい作業なんですけど、それだと創造脳は仕事してくれないんですよね。

 デジタルなどの便利化は、少ない労力と時間でいろいろなことが出来るようになるけど、それは商業行って締め切りに追われまくってからやればいいのかなぁなんて思ったりもしますが、そこは大人。打算と応用。高い環境適応能力は優れた生物の証です。ご希望の方にはウルトラ便利なデジタル作画、手取り足取りお伝えします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。