SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏休み特別フリータイムのお知らせ
120730s.jpg

 前々回の小学生クラスの時、ハチくんがアクリルでキャラ絵をやってまして。僕は最近アクリルやってなかったので、質問に答えられないとヤバイし、ハチくん用に手順をまとめておこうと思いいろいろ描いて準備していました。したらば。「今日は線画をやります」とのこと。ああ、僕の人生そんなもんです。ピースはまたの出番に。ぴかぴかぴかりん。

 さて、8月は、学生さんたちも夏休みですね。CDCも昨年より人数も増えておりまして、今年は夏休み特別フリータイムを開放できることになりました。時間は日曜日の午後1:00~4:00までの3時間です。小中学生クラスの前になります。 原稿の製作を続けたり、資料なんかを熟読するのにも良い時間かと思います。基本的に僕は居ないと思ってください。もし居ても、事務的な仕事をしてるはずなので置物だと思ってください。シーサーとか、西郷さんとか。おいどん。

 フリータイムについては次回のレッスン時に詳しい資料を配布します。僕たちの次の目標は11月のコミティアです。しかしその前に。絶対に負けられない戦いが、ある。夏のコミックマーケット。CDCでは参加しませんが、行く人は、ぼちぼち走りこみをして体を作っておくように。最高の状態でロンドンに臨むように。求めるものに、栄光は、与えられる。
スポンサーサイト
C展 第二クールであります!くるー
002.jpg

 先週ばたばたで更新サボりました。とゆーのも、皆様もご存知のとおり、先週は教室のエアコンがぶっ壊れまして。まぁ、そんなこんなでとりあえず先週末は関東の気温のほうを下げときましたが、いくら僕でも7月に25℃を割り込ませるのは3日が限度です。次週はエアコン直ってると思いますのでご安心下さい。気温動かせるのにエアコン動かせねーのねってのもどうなんでしょう。

 さて、C展が二クール目に突入です。予定していた絵があまりあがらず、ほんのちょっとしか変わってません。すみません。いろいろ大人な事情もございまして。でも、等身大ケロロ達が登場しています。ああ、確かにこんな生物が家にいたら楽しいかも!と思ってしまいます。さらにはルパンルパーンもいます。ルパンは等身大ではありません。

で、ですね、あまり知られていませんが、微妙に告知してあります。

003.jpg

 あんまり大々的にやるといやらしいかなと思って地味に告知したんですけど、地味すぎてスルーされると言うこの始末。C展会期中(8/7まで)にCDCの入会を申し込まれますと、1か月分レッスン料が無料になります。また、このタイミングでしたら、10月末のコミティアに間に合います。とゆーのも毎年、夏越えて涼しくなると、入会される方多くなります。CDCの方も各クラス定員になっちゃうと、入会ストップの空き待ちになってしまいます。どしよかなどしよかなと悩んでいる方はこのチャンスに是非~!


C展 開催中です
120708z.jpg

あついですね~。(そうですね。) こんにちわ。笑っていいともを見なくなって久しい、CDC担当の坂井です。皆様のお昼休みはいかがですか。

 さて、C展始まりました。狭い展示ですので、全部見るのにものの5分とかかりませんが、みなさんのアツい原稿が展示されております。中浦和に来た際には是非、お立ち寄り下さい。もちろん入場無料です。

 イラスト製作がひとだんらくして、ただ今、ネームの人が多いです。そこで突然ですが。突然です。例えばですよ、「A君が穴に落ちた」という事柄があるとします。それを思い浮かべる時、みなさんはどんな風にイメージします?

 なんと、最初から漫画になってイメージする人、CDCには結構多いんです。これ、ものすごいアドバンテージです。他には、写実で出る人はドラマ系なのかな。ニュースキャスターとその隣のモニタに映るA君をイメージする人さえも。「タスケテェ~」と、カギカッコ付きの文字で浮かんできた人は小説向きですね。ちなみに僕は楳図かずお先生的なヒトコマ劇画絵でした(なんでだろ)

 漫画を描く時は、どうしてもどこかで、漫画でイメージする必要があります。CDCではいろいろな漫画製作法をご紹介していますが、正直、理詰めで行って、どこかで自動的に漫画になっていくようなものはありません。ないのよ。早くこれに気がついて。で、どこかで、自分の頭でマンガにする必要があるんです。ぶっちゃけちゃうと、ここがマンガが書けるかいなかの決定的な差じゃないかなって思ってます。

 描ける人にはあたりまえのことなんですけど、描けない人にとっては、「マンガでイメージ」が結構辛いンですよね。一生懸命デッサンしたり、コマわりの法則とか学んでみても、描きたい紙面が見えてこなければ、永遠にマンガにはならないと思うですよ。

 それを専門学校とかでは、A+B+C=マンガ、みたいに教えたがるから、本来描きたいマンガじゃなくなって、つまんなくなるんじゃないかしら……なんて思います。(専門学校通ったこと無いんですけどね←じゃあ言うなよ) やっぱりインプット量。見て、イイなとおもったら書く。とりあえず。
 最近流行の短縮語、「とりま」、って知ってます? とりあえずマーガリンの意味です。バターが無い時(嘘を書くな

 誰かが、絵は長距離走だって言ってました。少しの間だけダッシュしても、あまり意味はなく。毎日少しずつ、止まらないで進むことが重要なのかもです。
エンターテイメントでありたいと。
120630.jpg

CDCキャラクターイラスト展
浦和造形ギャラリー健
1クール:7/2~7/22 2クール:7/23~8/7

 「そこのブログ!更新遅いよ!なにやってんの!!」さっきブライトさんに言われてようやく気がつきました。先週更新してなかったんですね!ですね!ですねですねですね!私の脳内コンピューター(2メガの嵐)がメモリオーバーでいろんなところに手が回ってませんでした。ああ。やってもうた。ずびばせん。
 
 とりあえず、C展の件です。写真は集まってきたみなさんの原稿たちです。初のCDC単体の展示ですし、多分このギャラリーで、こういうサブカルに振った展示は初だと思います。壁にかける展示として、A4、A3サイズ簡易フレームが、果たしてどこまで見栄えるものなのか。どういった作品が、見てもらう人に届きやすいものなのか。いろいろと手探りの部分多しデス。

 何より、作品を作るメンバーの皆さんのほうが、手探りだったかもしれません。展示状況をイメージできないで、いきなり展示作品を描けと言われているほうがよほど大変だったと思います。こういったサブカル文化は本来、自分の中だけで楽しむもので、外に出すときは雑誌や商業企画など、何らかの社会的なお墨付きを貰ってはじめて堂々出せるもでしょう。どこまで自分の趣向を、よりニッチな方向へさらけ出して良いものか。悩むところだったと思います。

 とにかく月曜の午後には、イラストが主役の展示が始まるわけです。これが、最終的にどんな輪郭を持つのか。いくばくかのエンターテイメントとして見えるのか。フタをあけてみなければ的なことは多々ありますが、描き手と見る人の、なんらかの共有が出来ればイイナと思っています。小さいスペースの展示ですが、是非お楽しみください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。