SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
3/10から特別フリータイムあります。
130219s.jpg

今日はお知らせです。

次(2/24)の、次の(3/3)の、次(3/10)の日曜日から、特別フリータイムが開放されます。この特別フリータイムは、5時間半つかえるので、追い込みにはもってこいとなっております。土曜フリータイムも併用して開放されるので、この期間は製作にどっぷりとご利用下さい。

しかし、ということは、締め切りまでにあと一ヶ月を切る、ということになります。早いでしょ。あっという間なんですよ。今回は僕もそれなりにページを抱えてるので、頑張っていこうと思います。

んで、フリータイムですけど。一応、お伝えしておきます。こんなめんどくさいことを。

管理責任者がそこにいない以上、公共の場となるわけです。いわゆる「マナーを」守って使ってください。僕は社会不適合者ですが、僕でもやらないようなことはしない。人の机荒らしたり、引き出しあけたりしない。また、席を立ってる人のノートを勝手に見たりとかも。おしゃべりするなといいませんが、場にそぐわない話はやめて。

やっちまっても、親兄弟とかなら「ダメだぞ☆」って許せますが、一応会社として運営してる以上、他者会員に迷惑をかけないという規約に抵触した場合は、それなりの対処をしなくてはなりません。一発退場ですからね。もちろん、フリータイム廃止も含まれます。そこらへん、よく解って。頼む。

このあたりは、近くなったらまた口頭でもお伝えしますが、べつに、普通に使ってくだされば問題ないんです。じゃあ普通の定義をって話ですが、そこはウチの管轄じゃないので割愛します。

最近、ああしろこうしろってウザぎみなブログが多いですが、どうかご容赦を。それなりに人数も増えてきて、管理ルールが必要になってきたってことなんです。なるべくバカ話を書きたいんですけど。

あ。バカ話かきます。先日、雨がやんだ歩道を歩いていました。閉じたビニール傘を前にだして、傘の先端を白線の上をツーっと滑らせて歩いていました。白線のすべる感じが楽しいなーといい歳こいて遊んでたら、携帯がなり、コートのポケットに目を移した瞬間、傘の先端が道路のくぼみにズコっと入り、傘の持ち手が股間にめり込みました。ピンポイントフィックス。ピンポン。涙でました。後ろから自転車の奥さんが抜いていきました。絶対全部見られた。バカ話じゃなくてバカの人の話でした。おわり。

あ、部誌のほうの最終ページ予定、3月1週目に組むからね。自分の担当ページ数と仮タイトルを考えといて下さいなし。
いまのうちね
CCF20130211_0000のコピー

日がかげると、あっという間に寒くなりますね。風邪などひかれてませんか?みなさま体調管理に充分ご注意下さい。本日の挿絵は、酒楽さんのを勝手にお借りしてます。CGみたいですがコピックですよ。やっぱ色がつくと華やかです。

さてさて、先週はお休みの方も多く、少人数のクラスが多かったですが、そうするといきおい、個人とガッツリ話し込める事になります。みなさんの疑問を聞くのは、僕にとっても非常に勉強になる部分も多いです。

特に「え、なんでそこでひっかかるの?」というところで引っかかってたり。まるで、肉じゃがをつくる醤油を(最近料理ネタ多いすね)どこで買えばいいか。ケンビシかキッコーマンか。両者の良いところと悪いところを教えてください、そんな質問をされてる気分です。

答えはもぴろん、「どっちでもいいのでわ」「好きなほうで」、なんですが、皆さんにしてみたらそんなの通じないすよね。大問題なですもんね。目がマジなので、なんとなく解ります。

でも、冷静に考えて。多くの場合、本当に聞きたいのはそこじゃないでしょ。多分。質問する方も、お醤油について詳しくなりたいわけではなく、ただ、その先が不安なだけだと思うんです。確実な階段を、しっかりと登りたいのかなぁと。

ぶっちゃけ、これから長く絵を描いていきたい、活動を続けていきたいと思うなら、今のうちに盛大にやらかした方がいいですよ。もちろんこういうカルチャーですので、望みとあればなるべく平坦かつ舗装された道をご案内しますが、ある程度描けるようになってきたとき、いろはのいを知らないのは、友達だって出来づらいモノです。同じ苦労してないから。それに、今更誰にも聞けない!とかなるし、後になってやっちまうと、恥も何十倍になったりします。

今のうちなら「不慣れだから」「初心者だから」という免罪符もつきますし、数年後に笑い話のネタにもなります。「だってそうやれっていったじゃーん」と、坂井のせいにするのも全く構いません。機嫌の良いとき限定ですが。

とにかく、失敗は活動を続ける上で必要な要素です。人は挫折でしか成長しません。安心して失敗してください。いまいい事言いました。ということで皆様、部誌は攻めて見ましょう。キュンキュン攻めましょう。
自由になれた気がした。15の夜。
130204.jpg


ちょうど日曜クラスを終って、お掃除ついでに机配置の変更とかし始めると、ちょうど月曜のブログ更新時にPCの前にたどり着けないというような状況になってしまいます。先週更新できなかった言い訳をしてみました。皆様ご機嫌いかがですか、CDC担当の坂井です。

みなさんには既にお知らせをお渡ししましたが、2月より、教室に関して変更点がいくつかあります。入室時間や、フリータイムについてなどいくらか変更点がございます。配布のお知らせをよく読んでおいて下さい。HPも随時変更してまいります。

今日は早々に本題に入りますよ。僕のダメ人間的な問題なのでしょう、レッスン中は結構重要なことを言ってるつもりなんですが、皆さん華麗にスルーされますよね。いや、いいんです別に。寂しいですけど。

それに、面と向かって正論言われると、反抗したくなる気も解ります。それが15の夜だし、セブンティーンズマップ。だからこうやって、活字にしておきます。よかったら、何となくでいいから、ココロのどこかに引っ掛けておいて。

ひとつめ。お話がなかなかマンガにならないのは、脳内イメージがマンガになってないから。プロットを描く時は文字のヒトも多いですが、その時、コマを想像しようとしないと、いつまでたってもマンガになりませんよ。君が描こうとしているのはマンガ。緻密な2時間ドラマのシナリオじゃない。文字に頼りすぎちゃうと、小説どころか退屈な「説明文」になる。

ふたつめ。最初からハードル上げすぎないこと。いくらネットにレシピが乗ってるからって、いきなり帝国ホテルのビーフストロガノフなんか作れるわけないでしょ。いくら高級な肉を仕入れて、最高のフォンドボーを手に入れたからって無理でしょ。カレーを作ったことない人にミルポワの説明したって意味わかんないから。まず、美味しいカレーを作れるようになってから。お腹すいた。

最後に。手塚先生もおっしゃっていますが、マンガってらくがき精神です。CDCでやるのは特に。「描かなければいけない」と強制されるものは全くありません。描きたいから描く。描きたくないものを描ける人は、もう、商業行った方が良いです。

描きたいものがないのはインプットが足りないか、自分と向き合っていない。人の目を引きたいとばかり考えていたら、永遠にそこから抜け出せないからね。僕は相当長い時間ソコに居た。安全だったけど、まるで楽しくない。無自覚のデッサンなんか、やればやるほどズブズブ埋まっていくから。

精神論みたくなっちゃうけど、ココをクリアしてる人としてない人では、話が通じないぐらい別物になっちゃうのよほんと。

カレーの調理理論と旨味の相乗効果についてはまた時間のあるときにお話します。