SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
ひとかりいこうぜ
130121.jpg

お正月が、もう随分昔のように思えます。クリスマスなんかさらに。まだ一ヶ月たってないんですけど。皆様いかがお過ごしですか、CDC担当のルネ・ヴァン・ダルビッシュです(誰)。
今日は、私たち日本人がいかに過ぎたることに興味を向けないものかをお話しようと思います。あ、いらないですかそうですか。ほじつの挿絵は今、日曜クラスでアツいウルクススです。ハチさんに描いていただきました。

毎週更新をメザシて続いているこのキャラドロ日誌ですが、先週はうっかり忘れてしまいました。本日誌は、CDCで起きた事件をオモシロオカシク綴っていこうと始めたものなのですが、最近は皆さんに伝えたいことを書くことも多くなりました。言葉と違って活字で残るので、後で見返せるという利点もアリマスガ、書くほうとしては証拠が残るのでヘタなことはいえません。

しかし。お菓子。証拠として残るのが怖いので当たりさわりの無い表現にとどまるなら書く意味などなく、その存在価値すら問われます。したがって、ヘタなことでも書こうと思います。キジも鳴かずば撃たれませんが、鳴かないホトトギスは殺されてしまいますし、哭かない竜はただの竜です。あンた、背中が(略

すみませんちょっとマイナーねたをぶっこンでしまいました。えと、今、みなさん、ネーム段階の方が多いと思います。ネームのキリ方など、僕がアドバイスするのは作り方のひとつであって、万人に合うやり方ではないかもしれません。しかしマンガなんて、ほんと多くの作家さんが自分なりの作り方を持っているので、こっちで良いとされてることがこっちでダメだったりします。

そうそう、先日、芥川賞を受賞した「abさんご」ですが、お読みになられた方いらっしゃいますでしょうか?代名詞などをほとんど使わず、ひらがな多用の、「珍しい応募作品」ではないかと思います。CDCでも一応シナリオの基礎みたいなこともご指導しておりますが、例えばある日、あの「abさんご」を、会員さんに「私の書いた小説です。芥川賞に応募しようと思います。見てください」と手渡された時、僕はきっと、「もっと漢字使ったほうがいいね」とか「言い回しを簡潔に」とか、ツマランことを言うしかないと思うんです。

でも、芥川賞をとっちゃってるんです。このあたりに「創作」を「教える」という限界と矛盾が、ウキボリになっています。教えるほうの主観や技術論なんて、今まで日の目をみたものに近いかどうか程度です。みなさん、このあたりの、教え手の頼りなさを充分にご了承下さい。僕がいつも僕のやり方を最後まで押し通さないのはそういう部分なんです。メンドクサイとか、手抜いてるからとかじゃないんでっせ(何故関西弁)。

趣味の方も、商業目指す方も、ゴールは講師や教科書の中ではなく、自分の中にあります。「他にあるソレと似たようなもの」ではなく「自分の見たいもの」に目を向けてみてください。その結果、他にあるものに似たら、それはそれでOKです。描きたいもの、作りたいものは何か。審査範囲は、それがCDCの扱える範疇であるか、公序良俗に適合しているか。OKならお出ししますし、アウトならアウトします。それだけです。

先週忘れた分も含めてちょっと長めに。こんな演説を語ってみました。今日のキャラドロ日誌でした。