SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。
いまのうちね
CCF20130211_0000のコピー

日がかげると、あっという間に寒くなりますね。風邪などひかれてませんか?みなさま体調管理に充分ご注意下さい。本日の挿絵は、酒楽さんのを勝手にお借りしてます。CGみたいですがコピックですよ。やっぱ色がつくと華やかです。

さてさて、先週はお休みの方も多く、少人数のクラスが多かったですが、そうするといきおい、個人とガッツリ話し込める事になります。みなさんの疑問を聞くのは、僕にとっても非常に勉強になる部分も多いです。

特に「え、なんでそこでひっかかるの?」というところで引っかかってたり。まるで、肉じゃがをつくる醤油を(最近料理ネタ多いすね)どこで買えばいいか。ケンビシかキッコーマンか。両者の良いところと悪いところを教えてください、そんな質問をされてる気分です。

答えはもぴろん、「どっちでもいいのでわ」「好きなほうで」、なんですが、皆さんにしてみたらそんなの通じないすよね。大問題なですもんね。目がマジなので、なんとなく解ります。

でも、冷静に考えて。多くの場合、本当に聞きたいのはそこじゃないでしょ。多分。質問する方も、お醤油について詳しくなりたいわけではなく、ただ、その先が不安なだけだと思うんです。確実な階段を、しっかりと登りたいのかなぁと。

ぶっちゃけ、これから長く絵を描いていきたい、活動を続けていきたいと思うなら、今のうちに盛大にやらかした方がいいですよ。もちろんこういうカルチャーですので、望みとあればなるべく平坦かつ舗装された道をご案内しますが、ある程度描けるようになってきたとき、いろはのいを知らないのは、友達だって出来づらいモノです。同じ苦労してないから。それに、今更誰にも聞けない!とかなるし、後になってやっちまうと、恥も何十倍になったりします。

今のうちなら「不慣れだから」「初心者だから」という免罪符もつきますし、数年後に笑い話のネタにもなります。「だってそうやれっていったじゃーん」と、坂井のせいにするのも全く構いません。機嫌の良いとき限定ですが。

とにかく、失敗は活動を続ける上で必要な要素です。人は挫折でしか成長しません。安心して失敗してください。いまいい事言いました。ということで皆様、部誌は攻めて見ましょう。キュンキュン攻めましょう。