SAKKA塾お知らせブログ(キャラドロ日誌)

SAKKA塾からの連絡事項などを掲載しています。

Top Page › CDCについて › 東関道は静岡に行きません
2020-05-24 (Sun) 12:33

東関道は静岡に行きません

こないだのミーティングで、「メイキング動画の真似をしたい」というお話で、自分は、瞬間的に「あれ、これは推奨してはいけないモノかも……」って思い、そう伝えたんですけど、その確固たる理由をすぐに示せませんでした。さらには、過去に自分もやっていた経験があるので、特にヨクナイコトという意識をこれまで持っていませんでした。

いや、道というモノはおおよそ真似から入るモノで、メイキングの真似をするのは良くない事ではない筈なのですが、何故、自分はそう思ったのだろうと考え、ようやく一つの仮案にたどり着きましたので、記します。

自分はメイキングの真似を、「無思考でひたすら真似をする行為」と想定したからかもです。宜しくないのは、無思考。考えるのがめんどくさいから、マネをすればいい。何も考えないで、こんな絵が描けるようになればいい、という行為と仮定しています。

「ああ、無思考はいけないよね。為にならないよね……」ってなんとなく思うじゃないですか。それがまさに無思考。「何故無思考で絵を描いてはいけないのか?」



・「静岡に行く」のに、入口が近所だからと、何も考えないで東関道を使うと、茨城行っちゃいます。東名高速を使います。だから、静岡に行くには、東関道を使ってはいけない。

・「カレーを作る」には、濃い味が好きだからと何も考えないでお醤油をたくさんつかうと、肉じゃがになっちゃいます。だから、お醤油をたくさん使ってはいけない。

静岡に行くのは、カレーを作るのは、正義が悪か……ではなく、目的に対して遠回りではないか、というだけです。東関道でもそのあとフェリーつかえば、静岡方面行けますし。なので「メイキングを真似する事は、無思考を助長するかもしれない」という点にのみおいて、危惧を感じたのだと思います。思考の手助けとしての利用なら、問題ないと思います。

自分の目的はなんですか?
蛇足になりますが、以下例文です。

・「イイネをたくさんもらいたい」には、あまり独創的な表現はよくないかもです。良いとされている絵の真似をすればいいと思います。

・「売れる絵を描きたい」には、市場が何を求めているかを知る必要があります。おじさんの暇つぶし市場に、コスメの利用法をクドクド描いた本は売れにくいと思います。

・「自分が描ける絵を描いて満足したい」必要なのは「描きたい欲求」ですので、それをそぐようなデッサンやら技法やらは邪魔にしかなりません。

・「スゴイ絵描きと思われたい」グローバルインダストリアル賞受賞歴アリ、とか適当な肩書を作ってプロフィールに書いて、大衆に解りにくい絵を描いておいてもイケそうです。


「     」←ここに入るものは何?ってことです。







最終更新日 : 2020-05-24